今月のテーマは〜オモイデ〜

 先月の『皿』、結局思いつかなかった…。 先日このブログにあげたパスタの写真の印象が強くてそれを打開できないというか、いろいろ考えてみたのですが、やっぱり思いつかなかったです。
そして今月の例題は〜オモイデ〜
 真っ先に思いついたのはモノクロ写真。高校の時に使ってた引き延ばし機を連想し、現像液が入ったバットの中で浮かび上がる映像を連想しました。フイルムを干す狭い部屋、停止液に使う酢酸の酸っぱいにおい…でもそれは就職して本格的に写真の道に進むにつれて『思いで』にしかなってなかった…そして昨今、デジタルの時代がやってきてフイルム自体が思い出になりつつある。以前、白黒の時代からカラーになった事で経験したあの切ない気分を、今度は銀塩からデジタルになる事でまたしても…
 またデジタルカメラも初期の物には使用しない物が発生している…デジタル化の波は早くて追いつかない。どの機材とも思い出がたくさん詰まって忘れられないです。
 新藤修一さんのサイトで今月は『オモイデ』なんですが、『物』を撮る事で表現する『オモイデ』なんですね。やっぱり真っ先に思いついたのがこれらの機材と過ごした思い出でした。
e0002316_2159020.jpg

でも、思い出も時間が経てばいろいろボケている物のようです。覚えている時代と使っているカメラが一致しない場合があるみたい。なので私の頭の中は実はこんな感じかな?
e0002316_2242262.jpg

ということでこちらの写真を新藤さんへ送らせていただいた。
 白黒からカラーの時代へ、そしてアナログからデジタルの時代へ…
 どの機材も現役で動かせるんだけど、もう代わりのカメラが彼らの働き場所を奪ってしまっています。でも手放せない物ばかりだな〜
[PR]
by tamoto_lc80 | 2006-08-08 22:10 | 写真
<< 住まい方研究会〜ヨコヤマ邸見学会〜 祝!安藤邸見学会! >>