<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

LEDライト『DV-112TA』

新藤修一さんのブログで紹介してあったLEDライトが届いて驚いたのは思った以上に明るいぞ〜という事でした。
 そして今日のブログでは、付属品の足がネジを外す事によってまっ二つになると言う事、そしてそこには三脚ネジを切れる様な穴があいてる事。
 
 実際に外してみた。ま〜何という事でしょう?!まっ二つ!
 そこで何をするか考えた。ガラクタ入れに小さなボールヘッド?があった。それを付ける事にした。
そうしたら急にクリッオンストロボ用に買ったソフトボックスに付けてみたくなった。
 付けてみたけど、光源面とソフトボックスの入り口の距離が遠すぎた。光のロスが起きてしまう。
それで諦めたくなくてこんな金具を作ってみた。
e0002316_2263733.jpg


いや〜んiPhoneじゃピントがこない…

e0002316_2272283.jpg


ソフトボックスに付ける金具に装着!!なんとなく上手く行きそうだ!

e0002316_227492.jpg


ソフトボックスに付けるとこんな感じ。ちなみに内側から。

e0002316_2281126.jpg


外から見るとこんな感じで見えます。これで、暗い所で少しだけ起こしたい様な場所での撮影が
出来ます。結構柔らかい光になりました。

付属の足は二つに分かれて、一つが余ったのでこんなものに付けてみた。
e0002316_2284362.jpg


ゴリラポッド。これでどこにでも巻き付ける事が出来る。イヤ〜今回は良い買い物しました!
新藤さんありがとうございました!一個と言わず2個3個買っとけば良かった…
[PR]
by tamoto_lc80 | 2010-07-25 22:09 | 写真

出力が大きいモデリング付ストロボ「MEGAJET」

 私は普段、某C社といっても観音ではなくPじゃない魔法使いと同じ名前のストロボを使用してます。
個人的にはツインクルF2という機種です。職場には何セットあるんだろう?
 それにしても、なんであんなに高いのかといつも思ってました。

 そして、普段ブライダル撮影を主な生計にしている私としては様々な照明を持ち出します。そんな中でよく持ち出しているのはRIFAを代表されるタングステンライトにソフトボックスをセットしたもの。
ライティングが簡単にできる上にピントも見やすく、結婚式場などではタングステンでの撮影が便利な事が多いので好んで持ち出す事も多い。あ!前撮りの時の話ね。

 なので、撮影がいろいろな場所で行う事がある日はタングステンもストロボも持って行く事も少なくない。(それに加え580にソフトボックスの組み合わせをプラス装備する事も多い)
 持って行き過ぎやろ…ストロボにモデリングライトが強力な機種があれば…
そう思ってたらありました!でも、このメーカー知らんぞ!
e0002316_018947.jpg


モデリングライトにMax1000W???
0-100%まで調光出来るの??
e0002316_0195298.jpg


なんかでかそう…韓国製?日本製なの?
ボタンピッピって使いにくそうだけど…
壊れないのか?
e0002316_0213045.jpg



という事で「ひとばし〜ら」になるぞって買ってみました!会社で…
e0002316_0241727.jpg


モデリングは1000W対応とは名ばかりの御粗末品。期待はずれでした。
ストロボのチャージ時間はスゲ〜早い!
90*120のソフトボックスは作りも良くて大きいので光は柔らかくいい感じ!
足もスプリング搭載してていい感じ!でも大きく重いけど…

あとはモデリングが良ければ良い製品なのに…と思ったら、やっぱりコレっておかしいよね???
って事で、日本の販売代理店に問い合わせてみました。

「製造国は韓国で220Vで使用して1000W対応なので、100Vなら暗くなるのが当たり前なんです。」
って言われても、それは知らん!1000Wのモデリングとはこんなんじゃないって解ってるからどんどん突っ込んだら、対応してくれた方は丁寧な対応でメーカーにも問い合わせ、結局日本仕様は韓国仕様の物の性能の半分も出せてない事が解ったのだ。
 
 結局、この製品は仕様の変更をしてもらい、改良版を新たに作り直して送ってくれることになりました。10日後に送ってくるのでまたテストしてみます。コレ1台でタングでもストロボでも使えるので荷物が少なくなるので助かる!予定。しかも安い…耐久性は???どうなんだろう…
[PR]
by tamoto_lc80 | 2010-07-10 00:35 | MEGAJET