どう2枚加工したの?

 たいした事じゃないんですけどね。でも2枚を足して使おうという事が前提で撮る事なんて昔は考えなかったです。
e0002316_2391486.jpg

                                                    +
e0002316_2395762.jpg

です。使ったカメラはEOS1DsMk2という1680万画素のデジタルカメラ。その画素数をフルに使って撮った2枚を合成してあるので22M(というか23M近い数値になってますが)、特大の写真になってます。レンズは35ミリカメラ換算で17ミリ、超広角なんです。なので画角の隅の方では拡大されたりしてレンズの収差の影響がモロに出て、普通に重ねただけでは合成は出来てない状態です。ちなみに梁にぶら下がってる照明の大きさを上の写真と下の写真で見比べて下さい。
 デジタル化によって17ミリでも入らない被写体を分割撮影する事によって8ミリとか5ミリ、2ミリという焦点距離に匹敵する画角を手に入れた事になります。いや〜楽になりましたね。超広角で撮って出来た糸巻き型収差も今度発表になったフォトショップCS2では簡単に修正できるし、いよいよ建築撮影の分野でも(最後の砦)ついに4×5が活躍する場を失ってしまう事になる。例えばMさんの家を4×5で撮影してたら2時間や3時間どころじゃなくて、1日がかりで撮ってた事でしょう。
[PR]
by tamoto_lc80 | 2005-06-22 23:23 |
<< こんなんも撮ってます。 工務店さんの紹介で… >>